求人応募の基礎マナー

求人で見られる電話マナー

中途求人では基礎的スキルが必要

中途採用の求人の場合、応募してくる人は一般企業でしっかりと社会人として基礎となる電話マナーや言葉遣いなどを学んでいることが期待されているでしょう。研修費を節約することができるという意味でも企業者の中には第二新卒という形で若い中途採用の社員を積極的に採用しているところも増えています。求人に応募する際には、そういった最低限のマナーの部分がまずは大切になるので、基礎がおろそかになってしまったいるという人は、事前にしっかりと敬語や社会人としての基礎的な立ち振る舞いなどを復習しておくことが重要となるでしょう。

就職先を探す人に必須のマナー

就職先を探している場合には求人情報を見て働き先を探すことになりますが、自分に合った仕事が見つかったらそこに電話をしてその会社で働きたい旨を伝えることになります。その時にあまりに話し方が酷いと、いくら働き手が欲しいと思っている会社でも流石に1歩引いてしまいます。求人情報には人材を募集している会社を載せているだけで電話マナーに関することは書かれていませんが、そういったことは自分で考えることなので当たり前のことだと言えます。このようなマナーを知らないとなかなか雇ってくれる会社は見つからないので、就職先を探している人はその点に十分に注意をした方が良いです。

↑PAGE TOP