求人に電話する時間

求人応募電話の時間に注意

求人応募の電話は相手側に配慮を

求人に応募するときに電話をかける際には、相手側に配慮してかけるべきです。というのも、特に明示されていなかったとしても、相手が忙しい時にかけるのは迷惑になるからです。例えば、飲食系の仕事であれば、ランチタイムやディナータイムの時間に電話をかけるのは、忙しい時には迷惑になります。もちろん、だからと言って求人の応募を受け付けてもらえないわけではありませんが、印象が悪くなり、採否に影響を与える可能性も否定できません。そのため、これから応募しようとする業種の忙しい時間についてあらかじめ調べておいて、そのタイミングは避けるようにしましょう。

電話すべきでない時間帯とは

求人募集の方法と言えば、職業安定所や新聞広告だった頃に比べ、多くの無料求人誌がスーパーなどの入口に並び、インターネットを通じて出す企業も増え、職を探す側からすれば非常に便利な時代となっています。では応募方法と言う点で見た時、職員の方が連絡をしてくれるハローワークを除けば、その多くの場合、自ら連絡の上、応募するケースも多いのが未だ一般的です。ではどのタイミングで連絡すべきか考える所ですが、してはいけない時と言う点で考えると、朝の始業時間直後や昼休みと、その直後、つまり対応して下さる社員が、その時間に何をされているかを想像し、出来るだけ迷惑とならないように気を配って電話するのが望ましいでしょう。

↑PAGE TOP